東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日中、首脳相互訪問へ調整 外相会談 北の核連携で合意

28日、北京の釣魚台迎賓館で、会談前に握手する河野外相(左)と中国の王毅外相=共同

写真

 【北京=秦淳哉】河野太郎外相は二十八日、訪問している北京の釣魚台(ちょうぎょだい)迎賓館で王毅(おうき)外相と会談し、今年が日中平和友好条約締結四十周年を迎えるのを踏まえ、両国首脳による相互訪問の早期実現に向けて調整することで一致した。北朝鮮の核・ミサイル問題でも引き続き連携することで合意した。

 会談で王氏は「両国関係が早急に平常化し、健全な発展の軌道に戻るよう期待する」と発言。中国外務省によると、王氏は「日本は中国を脅威としてではなく、発展の機会とみなすべきだ」と述べた。

 河野氏は「首脳往来をはじめとして信頼関係を強化したい」と応じ、北朝鮮の核・ミサイル開発について「国際社会全体にとって喫緊の課題となっている」と北朝鮮への圧力強化を主張。双方は国連安全保障理事会の制裁決議を完全に履行することで一致した。

 また今月中旬、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖の接続水域を中国潜水艦が航行したことについて、河野氏は「日中関係の改善を阻害しかねない」と再発防止を要求。王氏は「釣魚島は中国の領土」とする従来の立場で、双方の主張は平行線だったとみられる。一方、東シナ海での偶発的な衝突を回避するため、防衛当局間で設置する「海空連絡メカニズム」の早期運用開始を確認した。

 外相訪中は一年九カ月ぶりで、外相として河野氏が訪中するのは初めて。会談は昼食会を含め約三時間半にわたった。河野氏は中南海で外交トップの楊潔〓(ようけつち)国務委員とも会談したほか、李克強(りこくきょう)首相を表敬訪問した。外務省によると、河野氏が日中韓首脳会談の実現に伴う訪日を呼び掛けたのに対し、李氏は「前向きに考えている」と述べた。

 外相会談では、日本企業の駐在員らが社会保障費を二重払いしている問題の解決でも実質合意に達した。

※〓は、竹かんむりに、厂(がんだれ)、下に虎

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報