東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

辺野古争点に現新一騎打ち 名護市長選が告示

 沖縄県名護市辺野古(へのこ)への米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の移設に伴う新基地建設が最大の争点となる名護市長選が二十八日告示され、いずれも無所属で三選を目指す現職稲嶺進(いなみねすすむ)氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=と、元名護市議の新人渡具知武豊(とぐちたけとよ)氏(56)=自民、公明、維新推薦=による一騎打ちが確定した。二月四日に投票、即日開票される。

 新基地反対を掲げる現職に推進だった新人が挑む構図で激戦が見込まれる。結果は安倍政権が進める移設工事や、十二月に任期満了を迎える知事選にも影響を与えそうだ。日米両政府が普天間の移設・返還で合意した一九九六年以降、市長選は六度目。容認・推進派が三回勝利した後、反対派の稲嶺氏が二度当選した。

 稲嶺氏は二十八日、市内の第一声で「辺野古に新しい基地を造らせてはいけない。翁長雄志(おながたけし)知事と、名護市に私がいる限り埋め立ては進まない」と強調。その後の遊説では「辺野古を止めるために全てを懸ける。市長権限を使えば、これ以上前に進めない」と訴えた。

 渡具知氏は出陣式で「稲嶺市政はあまりにも一つの問題にこだわりすぎ、市民生活を置き去りにしてきた。市民生活の向上と景気と暮らしを守りたい」と表明。新基地に関しては別の遊説で「(国と県が)係争中で、裁判の行方を注視する」と述べるにとどめた。

 新基地建設を巡っては、政府が昨年四月、辺野古沿岸部の護岸埋め立て工事に着手。県は同七月、工事差し止めを求め提訴したが、政府は工事を進めている。市選挙管理委員会によると、二十七日現在の有権者数は四万九千三百七十二人。

◆名護市長選立候補者(届け出順)

稲嶺進(いなみねすすむ) 72 無現<2>

市長(元)市教育長・収入役・総務部長▽琉球大 =立民共由社沖          

渡具知武豊(とぐちたけとよ) 56 無新 

(元)保険代理店業・市議▽第一経済大 =自公維                

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報