東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相「9条2項は維持のまま」 自衛隊明記、重ねて意欲

 安倍晋三首相は三十日午前の衆院予算委員会で、改憲について、交戦権の否認などを定めた九条二項を維持したまま自衛隊を明記することに重ねて意欲を示した。「日本の平和と安全を担っている自衛隊の存在を憲法に明記すべきだ」と強調した。

 自民党内では九条改憲に関し(1)二項を維持して自衛隊を明記(2)二項を削除−の二案が議論されている。首相は他国を武力で守る集団的自衛権の行使を巡り、二項を維持すれば安全保障関連法で限定的に容認したとする政府の解釈は変わらないと説明。「私の提案では二項の制限がかかる」と語った。二項を削除すると行使が全面的に可能になると指摘し、否定的な考えを示した。

 与党は三十日午後の衆院予算委と本会議で二〇一七年度補正予算案を採決し、参院に送付する方針。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報