東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

出産・子育て女性地方議員 来月10日から相談窓口

写真

 議員活動中に出産・育児を経験した女性地方議員らが連携する「出産議員ネットワーク」は三十日、国会内で会合を開き、全国の女性地方議員からの相談窓口を二月十日から開設することを決めた。与野党の国会議員事務所を回り、議員の男女比を均等にすることを目指す「政治分野における男女共同参画推進法案」を今国会で成立させるよう求める要請活動も行った。

 ネットワークは昨年末、東京都豊島区の永野裕子区議の呼びかけで「出産議員懇話会」として初会合を開催。約五十人が参加を表明している。出産・子育てに直面した全国の女性議員らから、事例の問い合わせや相談が相次いでいるといい、窓口の設置を決めた。フェイスブックにページを開いて相談を受け付ける。

 この日は永野さんら約十五人が出席。全国を六ブロックに分け、地域ごとに世話人を置いてこまやかに対応できるようにすることや、相談内容によっては医師や弁護士、大学教授の協力を得られる態勢づくりを確認した。各自の経験から問題意識を共有し、必要な環境整備などを話し合って国や地方議会に提案していく方針でも一致した。 (坂田奈央)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報