東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相、「改憲議論は義務」 参院予算委 与野党に進展促す

 安倍晋三首相は三十一日の参院予算委員会で、改憲について「最終的に国民投票で決める。国民が権利を実行するため、国会で真摯(しんし)な議論を深めることが必要で、私たちにはその義務がある」と語った。「義務」という強い表現を使い、与野党による議論の進展を促した。 

 首相は、改憲の議論に慎重な野党を念頭に「党利党略や党が割れるとかではなく、前向きに取り組んで良い案が出ることに期待したい」と呼び掛けた。

 九条を含む改憲案のとりまとめ作業を進める自民党に対しては、「どのような条文にしていくか、党でしっかりと議論してほしい」と作業の加速を促した。

 トランプ米大統領が環太平洋連携協定(TPP)への復帰を検討する意向を示したことには、「自由で開かれた高いルールのTPPを日本と共にけん引していくべきだと、トランプ氏に働き掛けたい」と話した。

  (清水俊介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報