東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「新ミサイル」計画変えず 防衛相、迎撃試験失敗認める

 小野寺五典防衛相は二日の記者会見で、米軍による日米共同開発の改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を使った迎撃試験に関し「迎撃できなかった。うまくいかなかった」と話し、失敗を認めた。同時に「(改善すべき点は)生産段階で十分調整できる」として、取得計画や予算要求の変更は必要ないとの考えを示した。

 小野寺氏は、今回の試験がブロック2Aとレーダーなどとの連携を確認する試験だったと明らかにした上で、米国が今後実施する試験データの解析に協力すると指摘。「弾道ミサイル防衛能力を抜本的に向上する上で必要不可欠なものだ」とブロック2A導入の意義を強調した。日本政府は二〇二一年度のブロック2A導入を目指し、一七年度予算や一八年度予算案に取得費を計上している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報