東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

働き方法案 施行1年延期 残業規制 中小は20年4月適用

 厚生労働省は七日、今国会に提出する働き方改革関連法案について、施行日を当初よりおおむね一年間遅らせる修正案を公表した。柱となる時間外労働(残業)の上限規制は、大企業は当初の予定通り二〇一九年四月だが、中小企業は一年後の二〇年四月に適用される。

 厚労省が同日の自民党厚労部会に修正案を示した。昨秋の衆院選の影響で法案の国会提出が遅れたことや中小企業の経営に配慮した変更で、労働界の反発は必至だ。与党の法案審査を経て、二月下旬ごろ国会提出する。

 修正案では、非正規労働者の処遇改善に向けた「同一労働同一賃金」導入も一年遅らせる。施行は大企業と派遣事業者が二〇年四月、派遣を除く中小企業は二一年四月。

 労働組合が求める中小企業の残業代の割増率引き上げも二三年四月に延期する。

 一方で、企業側が要請してきた裁量労働制の拡大や、高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」創設は当初の一九年四月に据え置いた。

 施行延期に対し、連合の相原康伸事務局長はこれまでに「法案提出の遅れは理由にならない。中小企業で働く者を顧みない判断で極めて遺憾だ」とコメントしている。

 当初の施行日は昨年、労使代表が参加する労働政策審議会に諮問、了承された。しかし、今回の延期は中小企業への影響を懸念する自民党の要請を受け、厚労省が労使に諮らず独自に決めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報