東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

慰安婦合意の履行を韓国大統領に要求 首相、対北は連携確認

 【平昌=横山大輔】安倍晋三首相は九日午後、平昌冬季五輪の開会式出席に先立ち、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と会場近くのホテルで約一時間会談した。慰安婦問題では、首相は「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった二〇一五年の合意を着実に履行するよう求めた。文氏は「政府間の交渉で解決されるものではない」との立場を強調した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮問題では、圧力を最大限まで高めることで一致。未来志向の日韓関係を目指すことも確認した。

 首相は日韓合意について「国と国との約束で、政権が代わっても守ることが普遍的原則だ。日本政府は約束を実行している。韓国も約束を全て実行してほしい」と迫った。

 文氏は「被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷が癒えるときに解決する。名誉と尊厳の回復に向けて両政府は努力しなければならない」と指摘。その上で「再交渉は求めない」とした。

 北朝鮮問題では、北朝鮮の非核化を目指す立場では一致したが、対話と圧力を巡る姿勢は異なった。

 首相は、北朝鮮の五輪参加を機に南北対話が進んだことを評価した一方で「ほほ笑み外交に目を奪われてはいけない。日米韓が連携して最大限の圧力をかける方針がぶれてはならない」と、対話を重視する韓国をけん制。文氏は「南北関係改善と対話が結局は非核化につながる。日本も積極的に対話をしていくことを期待する」と語った。

 両首脳は日中韓首脳会談の早期開催に向けて協力することで一致した。

 その後、首相はペンス米副大統領とも会談した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報