東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

陸自ヘリ墜落で防衛相 被害家族に謝罪

 小野寺五典防衛相は十日、陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが佐賀県神埼市に墜落した事故で軽傷を負った小学五年の女児(11)を含め、炎上した住宅に住む家族全員に謝罪したと明らかにした。非公開で行われた面会の後、小野寺氏は記者団に「やりとりの詳細は差し控える。ご家族の一員にけがを負わせたことを謝罪した」と述べた。

 これに先立ち、小野寺氏は墜落した住宅敷地内で陸自の担当者から被害状況の説明を受け、近隣の住民に頭を下げた。関係自治体の首長に相次いで面会し事故の状況を説明した上で「防衛省・自衛隊として心からおわびしたい。二度とこのような事故がないよう万全を期したい」と謝罪した。

 小野寺氏は神埼市の松本茂幸市長に対し原因究明と再発防止、被害に遭った住民への補償や心のケアに取り組む考えを表明。松本氏は「あってはならないことだ。一日も早く平穏な市に戻したい」と強調した。十一日には佐賀県の山口祥義知事とも会談する予定。政府は、輸送機オスプレイを佐賀空港に配備する計画だが、事故で地元との調整に影響が出る可能性がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報