東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

カジノ 日本人月10回まで 政府、与党に規制案

 政府は十五日、統合型リゾート施設(IR)内のカジノに関し、日本人客の入場回数の上限を週三回、月単位では十回程度とする規制案を自民、公明両党の関係部会にそれぞれ示した。推進派の自民党議員からは「制限が厳しすぎる」などと異論が出た。公明党議員からは「週三回ならば日常生活に影響が出ないという根拠は何か」などの質問が相次いだが、強い反対はなかった。両党とも引き続き議論する。

 カジノの入場規制はギャンブル依存症対策の一環。両党の了承が得られれば、通常国会に提出予定のIR実施法案に盛り込む。ただ、公明党内にはカジノ解禁に慎重論が強く、調整は難航が予想される。

 政府の規制案では、日本人や国内に在住する外国人を対象に、カジノの入場回数の上限を、連続する七日間で三回、連続二十八日間で十回とする。入場履歴はICチップ付きのマイナンバーカードを使って確認。訪日外国人旅行者には適用しない。

 スロットマシンやルーレット台などを設置するカジノの主要部分の面積は一万五千平方メートルまでで、IR全体の3%以下と定める。

 自民党の会合では、規制の必要性に賛同する意見がある一方、入場制限に関し「利用客の利便性を損なう」との注文や、面積規制が厳しくてIRの採算性が上がらないとの不満が出た。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報