東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「野党の追及 公開リンチ」 厚労副大臣 発言後に謝罪

記者の質問に答える牧原秀樹厚労副大臣=1日、厚労省で

写真

 牧原秀樹厚生労働副大臣は一日の自民党厚労部会で、裁量労働制の不適切データ問題に関する野党の追及を「公開リンチのようだ」と表現した。部会終了後、牧原氏は、厚労省で記者団に「非常に不適切な表現を用いたことについては撤回し、おわび申し上げる」と謝罪した。

 牧原氏は部会で、データ問題に関する野党の追及姿勢について「全面テレビ公開で公開リンチのようにやる。ずっと続けているので、担当職員は心身とも故障してしまうような状況がある」と述べた。立憲民主党などが合同で実施している厚労省職員へのヒアリングが念頭にあったとみられる。

 さらに、野党議員による資料や情報の要求についても「一部の人が大騒ぎをして大変なことになるので、ほぼ(自宅に)帰っていない職員もいる。ここを変えないと、これからもこうしたミスが起きてしまう」と指摘した。(中根政人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報