東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

五輪連覇の羽生選手に国民栄誉賞 政府方針

平昌五輪フィギュアスケート男子フリーの演技を終える羽生結弦選手=2月17日、韓国・江陵で(田中久雄撮影)

写真

 政府は、韓国・平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で連覇した羽生結弦(はにゅうゆづる)選手(23)に国民栄誉賞を授与する方針を固めた。菅義偉官房長官が二日の記者会見で、安倍晋三首相が授与検討を指示したと発表した。けがを乗り越えて六十六年ぶりとなる二大会連続の金メダルを獲得した偉業が、国民に感動や勇気を与えたと評価した。実現すれば、スケート界で初めて。冬季五輪の金メダリストとしても初めてとなる。個人としては最年少での受賞となる見通しだ。 

 菅氏は「五輪連覇は社会に明るい夢や希望を与え、東日本大震災の復興への力強いメッセージとなった」と強調した。政府は首相指示を受けて、有識者の意見を聴取し、正式決定する。授与式の日程は調整する。

 首相は二日の参院予算委員会で平昌五輪に関し「羽生選手の二大会連続金メダルをはじめ十三個のメダルを獲得した。今回の盛り上がりを二〇二〇年の東京大会につなげていきたい」と述べた。

 羽生選手は一四年のロシア・ソチ五輪のフィギュアスケートで、日本人男子として五輪史上初の金メダルを獲得した。昨年十一月の右足首の負傷を克服し、平昌五輪では二月十七日のフリーで四度の4回転ジャンプを含め、ほぼ完璧な演技を披露。日本勢の大会金メダル第一号となった。菅氏は会見で「まさに歴史に残る快挙だ」とたたえた。

 四歳でスケートを始め、一一年に地元・仙台市のリンクで練習中に東日本大震災が発生。避難生活を余儀なくされた経験もある。

 五輪の金メダリストではレスリング女子の吉田沙保里、伊調馨両選手、柔道の山下泰裕、女子マラソンの高橋尚子両氏に授与されている。

 国民栄誉賞は一九七七年に創設。スポーツや芸能、文化などの分野で功績を上げた二十六の個人・団体が受賞している。二月十三日には将棋界史上初の「永世七冠」を成し遂げた羽生善治、囲碁で初めて七冠独占を二度果たした井山裕太両氏に贈られた。

<羽生 結弦(はにゅう・ゆづる)> 14年ソチ五輪で日本男子初のフィギュアスケート金メダル。平昌五輪で66年ぶりとなる2連覇を達成。世界選手権は14、17年に優勝。13〜16年にGPファイナル4連覇。SP、フリー、合計でいずれも世界歴代最高記録を持つ。カナダのトロントが練習拠点。宮城・東北高出、早稲田大、ANA。172センチ、57キロ。23歳。宮城県出身。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報