東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

与党「報告あすまでに」 決裁文書疑惑で政府に

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は七日午前、東京都内のホテルで会談し、森友学園問題を巡る財務省の決裁文書書き換え疑惑に関し、財務省による文書の調査や作成者からの聞き取りを政府に要請する方針で一致した。八日までの結果報告を求める。

 立憲民主党など野党六党は国対委員長が会談し、憲法に基づく国政調査権を行使して財務省に資料提出を要求する立場を改めて確認。立民の辻元清美国対委員長が自民党の森山裕国対委員長に伝えた。

 自公幹事長会談の後、二階氏は西村康稔官房副長官と党本部で会い、財務省に資料を速やかに国会へ提出させるよう要請した。幹事長会談に同席した森山氏も西村氏に対し、財務省に八日までに対応させるよう求めた。

 記者団の取材には「国会審議が進むよう、役所として対応してもらいたい」と強調した。

 辻元氏は森山氏との会談で、国政調査権に基づく調査実施を文書で重ねて要請。文書では疑惑が事実なら「国会と行政府の信頼関係を根底から突き崩す」として、調査の必要性を強調した。ただ森山氏は「司法の権限を侵してはならない」と否定的な考えを伝えた。

 参院予算委員会は六日、終日空転し、七日も開かれない方向。再開のめどは立っていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報