東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

疑念警戒 二階氏、異例の「官邸指導」

 森友学園に関する財務省の決裁文書が書き換えられた疑いがあるとの朝日新聞報道を巡り、自民党の二階俊博幹事長は七日、財務省に資料を提出するよう首相官邸に異例の申し入れをした。国民に疑念が広がることへの懸念からだ。

 二階氏は七日、西村康稔官房副長官を党本部に呼び、対応を求めた。二階氏は六日の記者会見でも「出せないということは理解できない」と対応を促したが、財務省が応じないため、首相官邸に直接「指導」した格好だ。

 自民党内からは「資料を出さないと、何かやましいことがあると思われる」「これまでの森友問題とは質が違う」との声が幹部から上がっている。公明党の井上義久幹事長も七日朝の二階氏との会談で「(財務省は)決裁文書作成に関わった職員を聴取し、一両日中に報告すべきだ」と語った。

 だが、野党が求める国政調査権を使って決裁文書の原本を提出させることに、与党は否定的だ。二階氏だけでなく、与党が一致して事実確認のために、財務省に資料提出や職員への聞き取りを求めることができるかが焦点となる。 (金杉貴雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報