東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

写し提出 野党反発「状況後退した」

 森友学園に関する財務省決裁文書が書き換えられたとする朝日新聞の報道を巡り、財務省が開示済み文書と同内容とする写しを国会に提出したことに対し、立憲民主党など野党六党は八日、「マイナス回答だ」と厳しく批判。書き換え前の文書を財務省が隠蔽(いんぺい)しているとの疑念を強め、与野党合意の下で、国政調査権に基づく調査を行うよう与党に求める方針を確認した。

 野党側は財務省の回答に納得せず、八日午前の参院予算委員会の審議を拒否。同じ時間帯に財務省幹部を呼んで合同ヒアリングを開いた。同日提出された文書は、書き換え後のものである可能性を否定できないとして、「これ以外の文書はあるのか」と繰り返し問いただした。

 しかし、財務省側は「現時点でお答えできるものはない」と明確な説明を避け続けた。希望の党の柚木道義衆院議員は席上、「ゼロ回答ではなく、マイナス回答だ」と激しく反発した。

 立憲の蓮舫参院国対委員長も記者団に「一ミリどころか〇・一ミリも前に進んでいない。状況は後退している」との認識を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】