東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相、来月訪米

 安倍晋三首相は九日午前、トランプ米大統領と電話で協議した。首相は終了後、米朝首脳会談が行われる見通しになったことについて「北朝鮮が非核化を前提に対話を始めると申し出た。この変化を評価する。日米、日米韓、国際社会が高度な圧力をかけ続けてきた成果だ。(こうした認識で)トランプ大統領とも一致した」と話した。首相官邸で記者団に語った。首相は二〇一八年度予算案の成立後の四月中にも訪米し、首脳会談を行うことで合意したことも明らかにした。

 首相は「核・ミサイルの完全、検証可能、不可逆的な形での放棄に向け、北朝鮮が具体的な行動をとるまで最大限の圧力をかけていく立場は揺るがない」と語った。

 菅義偉官房長官は九日午前の会見で、首相の訪米は四月初旬になると説明。非核化につながるかは「その方向に動き始めたのではないか」と評価した上で「北朝鮮の動きを見極めたい」とした。さらに「(金正恩朝鮮労働党委員長が)米国との間で平和を希求し、非核化にコミット(関与)する中で米国が判断した」と指摘した。 (篠ケ瀬祐司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報