東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

原発ゼロ法案 4野党提出 「速やかに全原発廃止」

 立憲民主党は九日午前、「全ての原発の運転を速やかに停止し廃止する」とした「原発ゼロ基本法案」を、共産党、自由党、社民党との四党共同で衆院に提出した。東京電力福島第一原発事故から七年となる三月十一日に合わせた。

 全原発を停止し、法施行後五年以内に「全原発の運転を廃止する」と廃炉について明記した。使用済み核燃料の再処理は行わないとした。

 原発の代替エネルギーとして、省エネを徹底し、再生可能エネルギーの増大を目指す。具体的には、二〇三〇年時点までの電力需要を一〇年比で30%以上減らすことを目標とし、再生エネの割合を40%以上に拡大させる。

 原発廃止で経営悪化が見込まれる電力会社や、雇用への影響が懸念される原発周辺地域に対し国が措置を講ずるとした。

 立憲民主党は野党各党に共同提出を呼び掛けていたが、希望の党や民進党は加わらなかった。 (山口哲人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報