東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

9条2項維持が大勢 自民改憲本部 あす7条文案提示へ

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は十四日午前、執行役員会を党本部で開き、九条改憲を議論する十五日の全体会合に七つの条文案を示すことを確認した。条文案は戦力不保持などを定めた二項の維持と削除に大別され、維持は自衛隊と自衛権の明記に分かれる。役員会では二項維持を支持する意見が大勢を占めた。

 細田氏は役員会で「憲法は不磨の大典ではない。現状の要請に合わせるべきは合わせるという考え方を、国民や各党に理解していただかないといけない」と強調した。

 推進本部は十五日の全体会合で、二項を維持して自衛隊の存在を明記するという安倍晋三首相の意向に沿った案への一任取り付けを目指す。秋の党総裁選への立候補を目指す石破茂元幹事長をはじめ、二項削除を主張する勢力の理解を得られるかが焦点になる。石破氏は役員会後、執行部の方針に関し「そんな状況にあるとは思えない」と記者団に語った。

 推進本部は全体会合で一任を取り付けることができれば、二十日の党総務会に条文案を提示し、理解を得たい考えだ。 (生島章弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報