東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

参院予算委 森友改ざん19日に集中審議 麻生氏、G20欠席

 自民党の関口昌一、民進党の那谷屋正義両参院国対委員長は十五日午前、国会内で会談し、学校法人「森友学園」を巡る文書改ざん問題に関連し、十九日に安倍晋三首相が出席する参院予算委員会の集中審議を行うことで合意した。財務省が文書の改ざんを認めた十二日以降、主な野党は衆参両院で審議に応じていなかったが、国会は正常化する。

 会談では、那谷屋氏が文書の改ざんが行われた当時、財務省理財局長を務めていた佐川宣寿(のぶひさ)・前国税庁長官の証人喚問を求めたが、関口氏は「国会審議を通じて必要性があれば検討する」と述べるにとどめた。

 関口氏は、麻生太郎副総理兼財務相が十九日からアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれる二十カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への出席を見送ると伝えた。

 これに先立ち自民党の森山裕国対委員長は十五日午前、立憲民主党の辻元清美国対委員長と会い、十六日の衆院本会議開催を打診。辻元氏は回答を留保した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報