東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

渡辺美議員「週休7日が幸せか」 過労死遺族抗議、発言を謝罪

渡辺美樹参院議員

写真

 「東京過労死を考える家族の会」の中原のり子代表らが十六日、国会内で自民党の渡辺美樹参院議員と面会し、渡辺氏が国会で「週休七日が幸せなのか」などと発言したことに抗議した。渡辺氏は「不適切な発言だった」と陳謝した。 

 十三日に行われた参院予算委員会公聴会に、中原氏は公述人として出席し、長時間労働の是正などを訴えた。これに対し、質問に立った渡辺氏は「国会の議論を聞いていると働くことが悪いように聞こえる。週休七日が人間にとって幸せなのか」と発言した。

 中原氏によると、渡辺氏は面会で、国会での発言の一部について「家族の会を傷つけることになって申し訳ない」と陳謝したという。面会後、中原氏は「お互いに(過労死の)当事者なら曲解されるような発言は気を付けていただきたい」と記者団に語った。

 渡辺氏が創業した外食大手ワタミグループの居酒屋では、二〇〇八年に新入社員の女性が過労自殺する事件が起きている。

  (木谷孝洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報