東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

前川氏授業 自民 赤池、池田氏が照会 質問内容 事前に修正

質問に答える自民党の赤池誠章参院議員=20日午前、東京・永田町の自民党本部で(松崎浩一撮影)

写真

 文部科学省の前川喜平・前事務次官の名古屋市立中学での授業内容を同省が市教育委員会に報告を求める前、同省に問い合わせをしたのは、自民党の赤池誠章参院議員(比例)と池田佳隆衆院議員(比例東海)だったことが二十日、分かった。林芳正文科相が同日午前の記者会見で明らかにした。赤池氏が藤原誠官房長に事実確認を求め、池田氏には質問内容を事前に見せて意見を聞いて修正していたことも判明した。

 赤池、池田両氏はそれぞれ自民党文部科学部会長、同代理。林氏は「問い合わせがあったことは事実だが、省の判断に影響を与えていない」として、調査は同省が主体的に行ったと強調した。赤池氏も同日午前、自民党本部で会見し、照会は「不当な支配ではなく事実確認」とした上で「日常業務の一環。圧力には全く当たらない」と主張した。

 林氏や赤池氏によると、前川氏の授業があった二月十六日の翌十七日、赤池氏が愛知県を訪問した際、池田氏から授業に関する中日新聞の報道を知らされた。赤池氏が同日、藤原官房長に「法令違反をした人が教壇に立てるのか」と事実確認を求めるショートメールを送ったところ、十八日に「対応します」との返信があった。十九日には池田氏も新聞記事を同省に提供して問い合わせた。二十日には自民党総務会でも高橋道和(みちやす)初等中等教育局長に確認した。

 同省は今月一日、前川氏が天下りあっせん問題で引責辞任していることなどに言及した上で、前川氏を招いた理由や授業内容について十五項目にわたって尋ねるメールを市教委に送った。この質問内容も事前に池田氏に提示し、池田氏からの意見を基に修正したという。

 文科省は当初、調査のきっかけについて、職員が新聞記事で前川氏が講師に招かれたことを知ったと説明。林氏は「メールの表現ぶりにやや誤解を招きかねない部分もあった」として、高橋局長を口頭で注意していた。市教委への質問内容を池田氏に事前に見せて修正したことは「あくまでも文科省の主体的な判断で行った。議員の指示ではない」と述べた。

池田佳隆衆院議員

写真

◆赤池、池田両氏の「参考人招致を」

 立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の野党六党の国対委員長らは二十日、国会内で会談し、前川喜平前文部科学事務次官の授業内容を巡り、文科省に照会していた自民党の赤池誠章参院議員と池田佳隆衆院議員を、衆院文部科学委員会に参考人招致すべきだとの認識で一致した。

◆池田氏が問題提起 赤池氏「確認のため」

 二十日に会見した自民党の赤池誠章参院議員は、前川喜平氏の講演があったことを文部科学省に照会したことを認めた。その上で、文科省の組織的な天下り問題を念頭に「法令違反をした人が公立中学の教壇に立つことは問題がないのか、確認するためだった」と繰り返し説明した。赤池氏によると、二月十七日に、中日新聞の記事を見た池田佳隆衆院議員から「これはどうなのか」と問題提起を受け、同日中に藤原誠文科省官房長にメールでただした。

 記事を確認した文科省は質問状を作成。池田氏のチェックを経て、名古屋市教委にメールで送った。赤池氏がメールの内容を確認したのは送信後だったといい、内容を知って驚き「やりすぎだ」との懸念を文科省に伝えた。池田氏は会見に出席しなかったが、赤池氏が三月十九日に聞き取ったところ「文科省から(質問状の内容の)確認を求められたので、感想を述べた。圧力をかけてはいない」と答えたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報