東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

伊吹氏「自民は傲慢だと思われた」 授業照会問題

 前川喜平前文部科学次官の名古屋市立中での授業内容を自民党文科部会長らが文科省に照会した問題で22日、同党内から苦言が相次いだ。野党各党は「教育現場への政治介入だ」(辻元清美立憲民主党国対委員長)と一斉に批判を強めた。

 自民党の石破茂元幹事長は派閥会合で「あってはならない対応。慎むべきだ」と問題視。教育現場での自由な議論を保障すべきだとして「行政、党と教育現場の在り方を議論したい」と述べた。

 自民党の伊吹文明元衆院議長は派閥会合で、文科省への照会が不当だったかは明言を避けた上で「自民党は傲慢(ごうまん)だ、役人に対して何でもできると思われたのが、支持率を大きく下げた原因だ」と指摘。若手議員に謙虚な姿勢を求めた。

 辻元氏は党代議士会で「安倍政権が教育を自分たちのイデオロギーで染めようとしている」と強調し、実態解明を急ぐとした。

 民進党の大塚耕平代表は記者会見で「自民党の圧力で、言語道断だ」と非難。共産党の志位和夫委員長は会見で、文科省は自民党の圧力に迎合したと述べ「安倍強権政治の毒が政府全体に回っている」と断じた。社民党の吉川元・幹事長も会見で「教育への不当な支配、介入だ」とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報