東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

籠池被告「健康は維持」 接見議員「口調もはっきり」

 「自分で管理しながら健康は維持している」。学校法人「森友学園」前理事長の籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=は、収監先の大阪拘置所(大阪市都島区)で接見した野党の衆院議員にこう話したという。 

 希望の党の今井雅人国対委員長代理によると、籠池被告は水色のガウンのような服を着ていた。寒さで霜焼けができていたが、「顔色も良く、元気そうだった」と印象を語った。妻諄子被告(61)=詐欺罪などで起訴=の様子を心配していたという。

 同じく接見した共産党の宮本岳志衆院議員は「口調もはっきりし、よどむことなく語っていた。自らの思いを語る姿勢を持ち続けていると実感した」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報