東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

衆院議員資産 平均2917万円

写真

 昨年十月の衆院選で当選した衆院議員の資産報告書が二日、国会議員資産公開法に基づき公開された。共同通信の集計では、株式を除く預貯金などの金融資産と土地、建物を合わせた資産総額の平均は二千九百十七万円だった。前回二〇一五年五月の公開時より五百四十六万円減り、一九九三年の法施行による初公開以降、過去最低となった。資産上位六位まで自民党が占め、トップは神山佐市氏の九億三千七十一万円だった。 

 資産総額三十億六千五百二十万円で前回トップだった故鳩山邦夫元総務相(自民党)の死去が、平均を約六百六十万円引き下げた計算となり、減少の主な要因となった形だ。

 神山氏に続く二位は五億十万円の逢沢一郎元外務副大臣、三位は四億八千六百八十二万円の麻生太郎副総理兼財務相だった。

 資産が一億円を超えたのは二十七人。一七年衆院選から定数が四六五に十減したため、単純比較はできないが、前回に比べ六人増加した。株式を除く金融資産や不動産を持っていないとした「資産ゼロ」議員は七十人で、前回より五人減った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報