東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

イラク日報 隠蔽の可能性、排除せず 参院委で小野寺防衛相

 小野寺五典(いつのり)防衛相は五日午前の参院外交防衛委員会で、政府が「ない」としてきた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報を、陸自の部署が昨年三月に把握しながら報告しなかった問題を巡り「隠蔽(いんぺい)かどうか厳密に調べ報告したい」と話し、意図的な隠蔽だった可能性も排除しない考えを示した。

 小野寺氏は、日報が報告されなかった原因は、文民統制(シビリアンコントロール)が機能していないためだとの批判に対し、「機能していなければ、イラクの日報が見つかった案件が公表されなかった可能性もある」と反論。「政治主導で膿(うみ)を出し切るまでしっかり確認する」と強調した。省内で調査チームを立ち上げていることから、第三者による調査は必要ないとの考えも示した。

 陸上幕僚監部が日報の存在を統合幕僚監部に報告した今年二月末から、小野寺氏が報告を受けた三月末まで一カ月かかった点については「直ちに私に一報があるべきだった」と話した。

 民進党の牧山弘恵氏は「防衛相の指示に反した行為が一年以上も継続していたのに、文民統制が機能していると言われても国民は納得できない」と批判した。

 陸自イラク派遣部隊の日報は、昨年二月の野党議員の資料請求を受け、陸自研究本部教訓課が内部を調査したが、翌三月十日に日報はなかったと報告。同中旬に、南スーダンPKOの日報隠蔽を巡る特別防衛監察の開始を受け、教訓課が再調査した際、日報の存在を把握したが、当時の稲田朋美防衛相に報告しなかった。 (新開浩)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報