東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

1人1000円徴収 「出国税」成立 来年1月導入

 日本人か外国人かを問わず日本からの出国時に一人千円を課す「国際観光旅客税法」が十一日の参院本会議で可決、成立した。二〇一九年一月七日から導入する。恒久的に徴収する国税の新設は一九九二年の地価税以来、二十七年ぶりとなる。

 政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる二〇年に訪日客を四千万人に増やす目標を掲げており、実現に向けて海外への情報発信や地方の観光振興策などに充てる財源を確保する狙いがある。

 使い道としては「快適な旅行のための環境整備」「体験型観光の満足度向上」「日本の魅力に関する情報発信強化」といった分野が規定されている。一八年度予算では六十億円の税収を見込み、最新技術を活用した顔認証ゲートなどに使う方針だ。通年で税収が入る一九年度以降は年四百三十億円と予想している。

 旅客税は、航空機や旅客船で出国する際に、運賃に上乗せするなどして徴収する。乗員や乗り継ぎ客、二歳未満の子どもなどは対象外となる。

 海外では、オーストラリアが航空機や船で出国する旅客に約五千円を課税しているほか、韓国は出国納付金として航空機の場合は約千円を徴収している。

 政府は旅客税法を一八年度税制改正関連法とともに、一七年度内に成立させることを目指していたが、森友学園関連の文書改ざん問題などが影響して国会審議が遅れた。旅客税の使い道などを定めた国際観光振興法は今月十日に成立している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報