東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

自民各派「首相に道義的責任」 加計・森友問題

 自民党の各派閥会合で十二日、学校法人「加計(かけ)学園」や「森友学園」問題などを受け、安倍晋三首相の「道義的責任」に言及したり政権運営を懸念したりする声が相次いだ。

 二階派の伊吹文明元衆院議長は「ありていに言えば、安倍さんには大変な道義的責任がある」と指摘。首相の妻昭恵氏についても「立場をわきまえてきちんとやってもらわなければならない」と苦言を呈した。

 石原派の石原伸晃前経済再生担当相は「為政者は、道義的な責任を国民に示す謙虚な姿勢が大切だ」と強調した。

 麻生派の山東昭子元参院副議長は「霞が関や永田町のメンバーに、緩みやおごりで『これくらいは許される』という甘えがあるとしたら、堅城も崩れ去るのではないかと危惧している」と懸念した。

 石破派の石破茂元幹事長は、加計問題で柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が愛媛県の担当者らとの面会を「記憶の限りでは会ったことはない」と否定していることについて「(記憶でなく)『言っていない』と言えばいろいろな思いは氷解する」と批判。「真実を解明し、国民の信頼を回復するのは与党の責任」と語った。

 一方、公明党の山口那津男代表も党中央幹事会で「政府が責任を持ち説明責任を果たし、与党も説明責任を尽くさせるべくリードしていかなければならない」と強調した。 (中根政人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報