東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「被害者保護が一番大事」 野田総務相も手法疑問視

閣議後の記者会見で質問に答える野田総務相=17日、首相官邸で

写真

 セクハラ疑惑をめぐる財務省の対応について、野田聖子総務相兼女性活躍担当相は十七日、東京新聞などの取材に「それはおかしい」などと疑問を呈した。 (坂田奈央)

 −麻生太郎財務相が調査の見通しについて「(被害を受けた)本人が申し出てこないとどうしようもない」と話した。

 「名乗り出ないとおかしい、という言い方がおかしい。私は被害者保護が一番大事だと思う。さまざまな被害に遭うことがないよう、慎重に取り組まなければならない」

 −被害者かもしれない女性への配慮が必要だと。

 「一般論だが、(被害を受けた)当該女性はためらいもあると思うし、追い詰めるようなことはしたくない。次の新潮社の報道でわかることもあると思うので、すこし冷静に推移を見たいと思う」

 −調査を担当する弁護士が同省と顧問契約を結んでいる点に対しては。

 「(セクハラ被害者は)相手側の関係者と捉える。セクハラ被害はそもそも家族にでも言いにくい話で、加害者側の関係者に話すのは、私個人においたとしても難しいのではないかと思う。被害者の立場からしたら高いハードルであるということを財務省にも理解してほしい」

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報