東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「財務省調査は人権配慮を」 次官セクハラ疑惑で自公幹事長

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長らは十八日午前、都内で会談し、財務省の福田淳一次官のセクハラ疑惑について、福田氏本人にさらなる説明責任を果たすよう求める方針を確認した。会談では、被害を受けた女性記者がいれば情報提供するよう要請した財務省の調査についても人権への配慮を求めた。

 会談では、財務省が顧問弁護士に調査を委託していることについて、井上氏が「女性の人権に十分配慮して、速やかに調査すべきだ」と主張。福田氏がコメントで疑惑を否定したことに関しても「(財務省の)事務方のトップであり、公職にある者として本人が説明責任を果たすべきだ」と強調した。二階氏も「(福田氏が)進んで説明責任を果たすべきだ」と同意した。

 防衛省の統合幕僚監部に所属する男性三等空佐が、民進党の小西洋之参院議員に「おまえは国民の敵だ」と罵声を浴びせたことについては、二階氏が「綱紀が緩んでいるのではないか」と指摘。空佐の処分も含めた厳正な対処を検討すべきだとの見解で一致した。

 公明党の山口那津男代表は十八日午前の党参院議員総会で、福田氏の問題などについて「民意を恐れよということをしっかり胸に刻み、謙虚に誠実に対応していきたい」と述べた。 (中根政人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報