東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

新潟知事が辞表提出 出会い系 交際女性に金品

県議会議長に辞表を提出し、記者会見で謝罪する新潟県の米山隆一知事=18日午後、新潟県庁で

写真

 女性問題が取りざたされている新潟県の米山隆一知事(50)は十八日午後、県幹部を通じて県議会議長に辞表を提出し、県庁で記者会見した。インターネットの出会い系サイトで知り合った女性に金品を渡して交際していたと認め「多くの方の信頼を裏切り、心よりおわびする」と謝罪した。女性問題による知事辞職は異例で、県は辞職に伴う知事選を六月上旬投開票で調整。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非などが争点となる見通しだ。

 米山氏は同原発の再稼働に慎重姿勢を堅持。国の再稼働要請に対し、県独自の安全性検証を優先する方針を取ってきた。

 この女性問題は十九日発売の「週刊文春」に掲載される予定だ。関係者によると、記事は米山氏が二〇一六年の知事就任前後、出会い系サイトを通じて複数の女子大生らと交際し、金品を渡していたといった内容。

 米山氏は記者会見で「相手の方の歓心を買うため、プレゼントや金銭のやりとりがあった」「より好きになってもらおうと思った」と釈明。違法性の認識などについて「売買春と言われる可能性はあると思っていた。公職にある者、公職を目指す者の重みを理解していなかった」と述べた。知事就任後も出会い系サイトを利用したという。会見終盤では大粒の涙を流した。

 再稼働について「原発事故と向き合い、賛成の人も反対の人もきちんと話し合って解決していきたかった」と語った。

 二十七日にも臨時県議会が開かれ、辞表に同意が得られれば辞職となる。

 米山氏は独身。医師と弁護士資格を持ち、一六年、三期務めて不出馬を表明した泉田裕彦前知事の任期満了に伴う知事選で共産、社民両党などの推薦を得て無所属で立候補。自民、公明両党推薦候補らを破り初当選した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】