東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「女性記者と懇談の場を」 野田男女共同参画担当相

 野田聖子総務相兼男女共同参画担当相は二十日の記者会見で、福田淳一財務次官のセクハラ疑惑を受け、報道機関で働く女性が抱える困難や課題を把握して政策に生かすため、女性記者らとの懇談の場を設けることを明らかにした。実施時期や回数は今後検討する。

 野田氏は「男女共同参画担当である私の元には、メディアで働く女性たちからさまざまな声が寄せられている」と説明。今回の問題を契機に、女性の職場環境の課題を訴える場を設けてほしいといった要望があったといい「マスコミ各社は自らの社の在り方を顧みてほしい。社会に大きな影響を与えるメディアで、女性が活躍できる環境をしっかり整備することは重要な課題だ」と強調した。

 女性らから寄せられた具体的な事例も紹介。「取材源との関係から、女性記者が社内でセクハラ被害から守られにくいという指摘などがあった」という。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報