東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

G7、北へ圧力継続一致 外相会合 非核化果たすまで

写真

 【トロント=石川智規】先進七カ国(G7)外相会合が二十二日、カナダ東部トロントで開かれた。初日の討議で、北朝鮮の非核化が果たされるまで最大限の圧力を継続することで各国が一致した。河野太郎外相が記者団に明らかにした。河野氏は北朝鮮の核兵器だけでなく、化学兵器や弾道ミサイルの廃棄を目指す必要性も訴えた。

 会合で、河野氏は北朝鮮が核実験中止や核実験場の廃棄を発表したことを「一歩前進」と発言した半面、「核兵器だけでなく化学兵器などの大量破壊兵器、すべての射程のミサイルも含めて、完全かつ検証可能な廃棄を求める」と訴えた。

 これに対し、各国は同様の認識で一致。G7として北朝鮮の核武装を認めず、非核化に向け最大限の圧力をかけ続ける方針をあらためて確認した。さらに、河野氏は北朝鮮による拉致問題の即時解決に向けた協力を訴え、「各国から賛同が得られた」と述べた。

 会合では、北朝鮮以外の各国情勢も討議。イラン核合意については、同国の核開発を防止するため、核合意の完全な履行が不可欠との意見が多数を占めた。

 また、ロシアの英国での神経剤使用疑惑や、シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑などを受け、河野氏は化学兵器を使用した組織や人物を特定するための恒常的な仕組み作りを提起。各国からおおむね賛意が得られたという。

 外相会合に先立ち、河野氏はルドリアン仏外相と会談し、北朝鮮の拉致問題解決などへ協力を求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報