東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

テレ朝社長会見 「会うたびセクハラ。録音は身を守るため」

定例記者会見に臨むテレビ朝日の角南源五社長=24日午後、東京都港区で

写真

 財務省の福田淳一前事務次官のセクハラ疑惑について、テレビ朝日の角南(すなみ)源五社長は二十四日の定例会見で、財務省から調査を委託されている顧問弁護士の事務所に、同日付で質問状を送ったことを明かした。

 同省から調査への協力を求められているが、角南社長は「福田氏がセクハラを認めておらず、中立公正な調査が必要」と述べた。質問状では事務所と財務省や福田氏との関係、調査・公表に関する権限などを問い合わせているという。

 会見では、被害を訴えている女性社員が、福田氏と会った経緯も明かされた。女性社員は一年半ほど前から、夜に福田氏と一対一で会食して取材するようになったが、会うたびにセクハラを受け、途中から身を守ろうと録音を開始。上司と相談し、一年前からは夜の一対一での取材を避けていた。今月四日は他局の報道の裏付けを編集担当者から指示され、たまたま福田氏から電話があり、一年ぶりに会った。会うことはこの担当者に伝えていた。

 上司が、女性社員からセクハラを報じるべきだとの相談を受けながら、会社に報告しなかった対応について「現実的に放送は難しく、二次被害の恐れを考えた」「もみ消しや隠蔽(いんぺい)の意図はなかった」と説明した。同席した篠塚浩報道局長は「セクハラは人権問題だが、当時、森友・加計学園問題などがあり、政治的な意図で流したと疑念を抱かれる可能性があった」と話した。

 女性社員や上司の処分については「調査を続けている」とした。 (柏崎智子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報