東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相「疑念もっとも」 主要野党欠席で集中審議

野党欠席で行われた衆院予算委=26日午前、国会で

写真

 衆院予算委員会は二十六日午前、安倍晋三首相が出席し、外交などをテーマに集中審議を行った。主な野党は、政府、与党が森友・加計学園問題や前財務次官のセクハラ疑惑の解明に取り組もうとしていないと批判し、欠席した。加計学園の獣医学部新設で関与が指摘される柳瀬唯夫元首相秘書官の参考人招致は見送った。野党は午後の参院予算委も欠席した。与野党で対立が深まっている。

 衆院予算委は立憲民主党、希望の党、民進党などの衆院会派「無所属の会」、共産党が欠席。自民、公明の与党と日本維新の会の委員だけで質疑を行った。

 首相は森友・加計問題について「妻や長年の友人が関わる話であれば、疑念の目を向けられるのはもっともだ。結果として、国会審議が政策論争以外に集中する状況を招いた」と陳謝。「丁寧な上にも丁寧な説明をしていく努力を重ねたい」と強調した。

 自民党内から衆院解散をちらつかせる発言が出たことを受け、首相は「解散・総選挙は、私の頭の中に全くない。はっきりと申し上げておく」と否定した。

 先の日米首脳会談については、六月上旬までに開催される米朝首脳会談に向け「方針の綿密なすり合わせを行った」と説明した。 (金杉貴雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報