東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

加計問題で柳瀬氏の面会認める方向 野党が参考人招致容認へ

写真

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)が、首相官邸で二〇一五年に学園関係者と面会していたことを一転認める方向になった。与党関係者が明らかにした。「記憶の限りでは会っていない」との国会答弁を事実上修正する。これを受け、柳瀬氏の証人喚問などを求めて審議を拒否してきた野党は、柳瀬氏を参考人招致する与党の提案を受け入れ、大型連休明け後に審議復帰し、追及していく方針に傾いた。

 与党幹部によると、柳瀬氏は今後、学園関係者とは会ったことを認め、同席者が愛媛県や今治市の職員との認識はなかったとの説明に切り替えることを検討しているという。

 愛媛県作成文書によると、柳瀬氏は一五年四月二日に官邸で県や市、学園関係者と面会し「本件は首相案件になっている」などと発言したとされる。柳瀬氏は「記憶の限りでは県や市の方に会ったことはない」と否定してきた。

 文部科学省や農林水産省からも同様の記録が見つかったため、面会の否定は無理があると判断する一方、「首相案件」などの発言内容は引き続き否定する方針とみられる。だが、柳瀬氏は学園関係者との面会もこれまで語ってこなかったため、説明の信用性がさらに問われることは必至だ。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は二日、記者団に「首相側近がなぜ官邸で学園関係者らと会うのか。一学校関係者は首相秘書官と普通会えない。首相の関与も含め疑惑はますます深まった」と指摘。「(審議拒否の)圧力で窓が少し開いた。柳瀬氏に早期に国会で話してもらう必要は強まった」と強調し、他の野党と調整を急ぐ考えを示した。

 与党と日本維新の会は二日、衆院厚生労働委員会で「働き方」関連法案の審議を主な野党不在のまま行い、野党の時間として割り当てた四時間以上は質疑がないまま終わった。 (金杉貴雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報