東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

国民民主62人、野党第2党 反安倍政権を鮮明

新党「国民民主党」を旗揚げし、記者会見で握手する共同代表の玉木雄一郎氏(左)と大塚耕平氏=7日午後、東京都内のホテルで

写真

 希望の党と民進党は七日、合流して旗揚げする新党「国民民主党」の設立大会を東京都内で開いた。衆参両院議員の参加は計六十二人と立憲民主党を下回り、野党第二党となる。安全保障関連法で違憲とされる部分の白紙撤回や、自民党がまとめた自衛隊の存在を明記する九条改憲案に反対する方針を確認し、安倍政権への対決姿勢を鮮明にした。 (我那覇圭)

 新党には希望、民進両党の衆院議員三十九人、参院議員二十三人が加わったが、合流前の計百七人の六割弱にとどまった。女性の参加は六人。希望の樽床伸二元総務相、民進の岡田克也元代表や野田佳彦前首相ら三十人が無所属となり、民進の小川敏夫参院議員会長ら十人は立民に入党を申し入れた。希望の党名は松沢成文参院議員ら衆参の五人が分党して引き継ぎ、大幅に縮小する。

 国会内勢力では、国民民主は衆院で野党第二会派のままで、合流前の希望より減少。民進が野党第一会派だった参院は、無所属と統一会派を組む立民と同規模となり、野党第二会派に転落する可能性もある。

 国民民主の設立大会には地方議員も参加。希望代表の玉木雄一郎衆院議員と民進代表の大塚耕平参院議員が共同代表に就任することを承認した。幹事長には、希望幹事長の古川元久衆院議員が就いた。八日に総務省に結党を届け出る。略称は「国民」にする。

 結党宣言では「生活者の立場と熟議の民主主義を重んじる勢力の中心となる」と表明。綱領は「穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の改革中道政党をつくる」とした。大塚氏は森友・加計学園問題などで他の野党と連携し、安倍政権を追及していく考えを示した。

 希望は昨年秋の衆院選で改憲勢力と位置付けられ、安保法も事実上容認の立場とされた。国民民主は改憲、安保法の対応で反安倍色を明確にし、大きく立場を転換させた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報