東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

麻生氏、再び「セクハラ罪ない」 閣議後会見で強調

閣議後、記者の質問に答える麻生財務相=8日午前、首相官邸で

写真

 麻生太郎財務相は八日の閣議後記者会見で、福田淳一前財務次官のセクハラ問題を巡り「『セクハラ罪』という罪はない」とする持論を改めて強調した。 (桐山純平)

 麻生氏は、訪問先のマニラで開いた四日の会見で同様の発言をしていた。この発言を受け、東京・霞が関の財務省前や札幌市などで女性を中心に抗議の動きが広がったが、麻生氏は「(セクハラは)親告罪で、訴えられなければ罪ではない。(福田氏が)訴えられているという話も聞いていない」と反論した。

 今回の問題で財務省は先月二十七日、矢野康治官房長が謝罪会見を開き、福田氏がテレビ朝日の女性社員にセクハラをしたことを認めている。福田氏のセクハラの事実認定について、記者から改めて問われた麻生氏は「財務省として発表した通り」と述べ、謝罪もしなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報