東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

裁量制の不適切データ作成 「執拗な野党に問い詰められ」

写真

 裁量労働制を巡る厚生労働省調査の不適切データ問題に関し自民党の橋本岳厚労部会長が「(資料を)執拗(しつよう)に要求したのは野党で、繰り返し問い詰められ、(厚労省が)やむを得ず作成した」と釈明していることが八日分かった。自身のフェイスブックに七日付で投稿した。橋本氏は不適切データを野党側に提示した当時の厚労政務官。

 野党側に責任を転嫁したとも受け取られかねず、与野党対立に拍車を掛ける可能性がある。

 データ資料の作成経緯に関し「裁量労働制と一般労働制は対象業種が異なり、労働時間を単に比較しても、その差が制度によるものか業種によるものか区別できません。だから労働時間の比較表など作っていなかった」と説明。その上で「資料は担当者が野党の要求に応えたい一心で、アクセス可能な数字や表からひねり出した結果」としている。「不適切さを見抜けず深く恥じています」とも記した。

 橋本氏は投稿について八日、共同通信の取材に「明らかに事実と違うとか、不適切なことがあれば教えてほしい。真摯(しんし)に受け止めて対応していきたい」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報