東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

国連制裁決議履行で一致 共同宣言 北非核化へ日中韓連携

日中韓首脳会談を前に記念撮影をする(左から)中国の李克強首相、安倍首相、韓国の文在寅大統領=9日、東京・元赤坂の迎賓館で(代表撮影)

写真

 安倍晋三首相は九日、中国の李克強(りこくきょう)首相、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と東京・迎賓館で会談し、北朝鮮の完全非核化に向けて連携し、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議を完全履行することで一致した。安倍首相は会談後の共同記者発表で、安保理決議の完全履行について「三カ国共通の立場だ」と強調した。会談を受け、三カ国は朝鮮半島の完全な非核化に取り組むとした共同宣言を発表した。

 共同宣言は文言の調整に時間がかかり、発表は九日深夜にずれ込んだ。四月の南北首脳会談でまとめた、朝鮮半島の完全な非核化を明記した「板門店宣言」を評価し、歓迎する別の声明も出された。

 日中韓首脳会談で、安倍首相は、北朝鮮の全ての大量破壊兵器とあらゆる弾道ミサイル計画に関し、「完全、検証可能、不可逆的な方法」での廃棄に向けた取り組みを進めるべきだとの日本の立場を表明した。日本政府関係者は、安保理決議の完全履行が三カ国共通の立場だと確認したことで、日本の立場は共有できたと説明した。

 安倍首相は会談で、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に向けた協力を要請。李、文両氏は理解を示した。共同宣言でも拉致問題について、中韓首脳が早期解決を希望するとした。

 日中韓首脳会談後、安倍首相は文氏、李氏とそれぞれ首脳会談を行った。

 日韓首脳会談では、両国の友好関係発展をうたった「日韓パートナーシップ宣言」から二十年になることを踏まえ、首脳が相互訪問する「シャトル外交」の推進で一致した。

 安倍首相は、慰安婦問題で「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意の着実な履行を求めた。文氏は朝鮮半島や北東アジアの平和と繁栄には、日朝間の対話と関係正常化が必要だと訴えた。

 日中首脳会談では、安倍首相の年内訪中実現で一致。安倍首相は「私の年内訪中、習近平(しゅうきんぺい)国家主席の訪日で着実にハイレベル往来を繰り返したい」と語った。李氏も「両国関係を正常な軌道に戻すことは両国の利益だけでなく、国際社会の期待にも応える」とした。

 日中韓首脳会談は二〇一五年十一月のソウル開催以来二年半ぶり。李氏、文氏の来日は就任後初めて。 (清水俊介)

■共同宣言ポイント

・日中韓は朝鮮半島の完全な非核化に取り組む。朝鮮半島および北東アジアの平和と安定の維持は、日中韓共通の利益かつ責任だと再確認。国連安保理決議に従った国際的な協力、包括的な解決によってのみ、北朝鮮に明るい未来への道がひらけると強調

・中韓首脳は、日本人拉致問題が対話を通じて早期に解決されることを希望

・日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の加速に一層努力することを再確認

・日中韓首脳会談の定期開催の重要性で一致

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報