東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

米国人解放「北の前向き姿勢歓迎」 日米電話協議で首相

 安倍晋三首相は十日午前、トランプ米大統領と電話で協議し、ポンペオ米国務長官の訪朝や九日の日中韓首脳会談を踏まえ、北朝鮮情勢を巡り意見交換した。首相は北朝鮮に拘束されていた米国人三人が解放されたことについて「大きな成果だ。北朝鮮の前向きな姿勢であり歓迎したい」と伝えた。トランプ氏からは、ポンペオ氏と北朝鮮側のやりとりに関し説明を受けた。首相が官邸で記者団に明らかにした。

 首相はトランプ氏に対し、日中韓首脳会談など一連の会合で、四月の南北首脳会談や、米朝首脳会談に向けた対応など議論した内容を説明。日本政府によると、トランプ氏は「北朝鮮問題で日本の果たす役割の重要性を十分認識しており、引き続き緊密に連携していきたい。日本はビッグプレーヤーだ」と話した。

 両首脳は、日米で協力して北朝鮮による日本人拉致問題の解決を目指すことでも一致。首相は記者団に「まだ多くの方々が北朝鮮に取り残されたままだ。問題解決のために、日米や日米韓(で協力し)、また中国の協力も得て全力を尽くしたい」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報