東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「女性3人以上出産、世のため人のため」 自民・加藤寛氏、撤回して謝罪

加藤寛治衆院議員

写真

 自民党の加藤寛治衆院議員(72)=長崎2区=は十日、所属する細田派の会合で「(結婚する女性には)三人以上の子供を産み育ててほしい。これが世のため人のためになる」と語った。子供を産まない女性への配慮に欠ける発言。同日夜、発言を撤回し、謝罪するコメントを出した。

 加藤氏は、結婚式に招待された際、三人以上の子供を産むよう「この二十数年、新郎新婦に申し上げている」と説明。「国は若い人たちが働いて、税金を納めて運営されている。結婚しなければ、人様の子供の税金で老人ホームに行くことになる」と出産を促していることも明らかにした。

 加藤氏は記者団に「少子化は一番大事な問題。(三人以上の出産を)お願いすることはいいのではないか」と説明したが、最終的に撤回した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報