東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「ミサイル問題や拉致前進が重要」 菅官房長官

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は二十五日午前の記者会見で米朝首脳会談の中止について「重要なことは会談の開催自体ではなく、核、ミサイル、拉致問題が前進する機会になることだ。引き続き日米、日米韓三カ国で緊密に連携していく」と強調した。

 小野寺五典防衛相も同日の記者会見で、洋上で物資を積み替える「瀬取り」の監視を含め「圧力をしっかり継続していくことが問題解決につながる」とした。

 加藤勝信拉致問題担当相は記者会見で、拉致問題について「すべての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向け、米国、韓国、中国、ロシアなどと連携を図っていきたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報