東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

中曽根元首相 100歳 歴代2人目 持論の改憲訴え

写真

 中曽根康弘元首相が27日、100歳の誕生日を迎えた。コメントで持論の改憲について「与野党を問わず、国民世論の喚起とともに真に国民参加となる憲法の実現を目指し、真剣に取り組んでいくことを期待する」と訴えた。

 歴代首相で100歳を迎えたのは東久邇宮稔彦元首相(102歳で死去)に次いで2人目。

 1918(大正7)年生まれの中曽根氏は「まさにはるけくもかな、の感を強くする。来年は新天皇陛下のご即位のもとに新たな元号も始まる。(大正から)4代を生きることに深い感慨を覚える」と心境を明かした。

 政治家としての半生を「敗戦を機に政治の世界に身を投じたが、日本の再興再建のために働くことができたことはこの上ない喜びだ」と振り返った。関係者によると、中曽根氏は今年に入って手首を骨折したが、回復傾向にある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報