東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

<世界の中の日本国憲法>非戦、非武装、非核、非暴力の世界を 「9条地球憲章の会」講演

「地球時代と憲法9条」と題し講演をする東大の堀尾輝久名誉教授=27日、東京都千代田区の専修大で

写真

 憲法九条の理念を反映させた「地球憲章」づくりを目指す市民グループ「9条地球憲章の会」は二十七日、東京都内で「武力で平和はつくれない−9条は日本と世界の宝」と題した講演会を開いた。会員ら約八十人が参加し、憲章案のとりまとめに向けて意見交換した。 (安藤美由紀)

 同会は昨年三月、九条の理念を世界に広げ平和を実現しようと考える学者や市民らの有志で発足。これまでに欧米やアジアなどの約二十カ国・地域から六百人超の賛同者を得ている。

 この日の講演会では、会の代表である堀尾輝久東大名誉教授が憲章案の一つを提示。「非戦・非武装・非核」に「非暴力」を加え、世界平和がなければ個人の幸せはなく、個人の幸せがなければ世界平和もあり得ない点を指摘した。憲章の目標として「多様性を認め合い、寛容で人間として尊敬し合える地球市民社会を創ること」を掲げた。

 堀尾さんは「みなさんも案や意見も出してほしい」と呼びかけた。

 国連総会での憲法九条の支持決議を目指す「SA9(憲法九条を支持せよ)キャンペーン」顧問でドイツ人学者、クラウス・シルヒトマンさんも出席し「憲法九条を一緒に守ろう」と訴え、連携を確認した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報