東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

3人以上出産「賛同多数」 自民・加藤氏が蒸し返す

自民党の長崎県連定期大会に出席した加藤寛治衆院議員=27日、長崎市で

写真

 自民党の加藤寛治衆院議員=長崎2区=は二十七日の自民党長崎県連定期大会で、新婚夫婦に三人以上の出産を呼び掛けているとした自身の発言に関し、「批判もあったが、全国から賛同、激励が多数寄せられた。貴重な意見を真摯(しんし)に受け止めて国政に生かしたい」などと述べた。加藤氏は発言を撤回していた。

 大会後、記者団に「正当であるとか、間違いであるというのは、それぞれの判断。私に問うても仕方ない」と述べた。

 大会のあいさつで、加藤氏は「批判も甘んじて受けなければいけない」とした上で、全国から「健康で産める方にお願いするのが何が悪いのか」などとする意見が届いたと紹介。高校生になる孫の友人も発言に賛同したエピソードを挙げ「日本の将来もまだまだ明るい」と語った。

 野田聖子女性活躍担当相が「そういうことを言って子どもが増えることは決してない」と指摘したことに対しては「当たってないのではないか」と反発した。

 加藤氏は今月十日に細田派会合で、結婚披露宴に出席した際に「必ず新郎新婦に三人以上の子どもを産み育てていただきたい」と呼び掛けていると発言。その後、撤回していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報