東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相、加計学園に抗議せず 学園「15年面会は虚偽情報」

 参院予算委員会は二十八日午前、安倍晋三首相と関係閣僚が出席し、集中審議を行った。首相は、学校法人「加計(かけ)学園」が加計孝太郎理事長と首相の面会に関し誤った情報を伝えたとするコメントを出したことについて、獣医学部を新設する国家戦略特区の認可手続きに影響はなかったとの認識を示した。加計学園に「抗議する理由はない」と述べた。

 首相は、学園が面会に関し虚偽の説明をしていたとしても「私と加計さんが会ったからということで、認可したわけではない。会ったか、会わなかったかはまったく関わりがない」と語った。コメント発表について、学園から連絡はなかったとした。立憲民主党の福山哲郎氏の質問に答えた。

 加計学園は二十六日、愛媛県文書に記された二〇一五年二月二十五日の首相と加計氏の面会について「実際にはなかった面会を引き合いに出し、(愛媛)県と(今治)市に誤った情報を与えてしまった」とするコメントを発表した。

 首相は参院予算委で、愛媛県文書は「伝聞の伝聞」と指摘。加計氏と「指摘の日に会ったことはない」と重ねて否定し、根拠として新聞各紙に掲載された首相動静に記載がないことを挙げた。

 その上で、加計氏と「獣医学部新設の話をしたことはない」と強調。昨年一月に計画を知ったとする答弁を維持した。

 森友学園への国有地売却を巡る問題では、自身や妻昭恵氏の関与はなかったと改めて主張。決裁文書改ざんの原因について、自身や昭恵氏が関与していたら首相を辞めるとした昨年二月の国会答弁が影響しているとの見方を否定した。

 麻生太郎財務相は決裁文書改ざんについて重ねて陳謝。改ざんは事実と異なる答弁をきっかけに「理財局内で行われた」と語った。

 参院事務局は、交渉記録は残っていないとした財務省の衆参両院での答弁に関し、佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官(当時は理財局長)が四十三回、麻生氏が十一回だったと説明。太田充理財局長は「事実と異なる答弁をしていた」と陳謝した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報