東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「赤ちゃんはパパよりママ」 萩生田氏発言が波紋「時代錯誤」

写真

 赤ちゃんはパパよりママなのか−。自民党の萩生田(はぎうだ)光一幹事長代行(54)が講演で、母親による育児が前提の子育て論を展開し、波紋を広げている。子育てに向き合うパパやママたちからは「育児をしたことがない人の意見」「女性も働けと言っているのはどこの政権?」と批判が噴出。識者からは「性差別に敏感な国では考えられない」との声も。

 「娘からは『パパもママも好き』と言われる。萩生田氏には男性の子育てのイメージがないのではないか」。札幌市の会社員宮越康平さん(31)はこう憤る。三歳とゼロ歳の娘の保育園送迎など、育児は妻と分担。「女性だけが子育てするという考えは今の時代に合わない。子どもは保育園を楽しんでいるし、妻も仕事を持つことで充実した生活を送っている」と話す。

 東京都の男性会社員(32)は、昨夏の第二子誕生を機に育児休業取得中だ。第一子のときは妻に任せきりだったが、積極的に関わるようになって懐いてもらえるようになった。男性は「要は関わる時間や密度の問題。男性が女性に劣るとは思わない」と話す。

 講演で、萩生田氏はゼロ歳から保育園に預けることについても「赤の他人様に預けられることが本当に幸せなのか」と懐疑的な考えを語った。これに対し「保育園を考える親の会」代表の普光院(ふこういん)亜紀さん(61)は「子育ての悩みを相談できる保育園は、保護者の精神的な支えになっている」と強調。母親の孤立による産後うつや、児童虐待防止など、保育園の果たす重要な役割を挙げる。

 男性の育休取得率は、スウェーデンが90%以上なのに対し、日本では5%程度。夫は仕事、妻は家事・育児といった性別役割分担の意識が根強く残っていることが背景にあり、国際機関が発表した二〇一七年版「男女格差報告」で、日本の男女平等の実現状況は百四十四カ国中百十四位だ。

 フランスで二児の子育てをしているライターの高崎順子さん(44)は、「フランスでは、男女平等が国の大きな目標の一つ。子育て政策の議論では、性別による役割分担を限定しないよう、『Parent(親)』と性別を限定しない用語を使っている」と説明する。

 高崎さんは、萩生田氏の発言を「母親が乳幼児育児の主な担い手で、支援が必要という現状認識は正しい」としつつも、「育児の担い手は母親であるべきだという考えは、男女不均衡を肯定しており、フランスの政界なら性差別主義で追及されるだろう。子育て政策は思い込みではなく科学的な根拠を持って語るべきだ」と話している。

◆萩生田氏の発言要旨

 宮崎市で二十七日に講演した萩生田光一幹事長代行の発言要旨は次の通り。

 (ゼロ〜二歳の乳幼児の子育てについて)お母さんたちに負担がいくことを前提とした社会制度で底上げする必要がある。「男女共同参画」「男も育児」だとか格好いいことを言っても、子どもにとっては迷惑な話。子どもがお母さんと一緒にいられるような環境が必要。

 明確な統計は取れないが、どう考えても(ゼロ〜二歳は)ママがいいに決まっている。ゼロ歳から「パパがいい」と言うのは変わっている。生後三〜四カ月で赤の他人様に預けられることが本当に幸せなのか。保育園に一〜二歳からでも入れる枠組みを作っていくことが大事だ。

 子育て中の母親については、仕事をしていない分類に入れるのがおかしい。世の中の人たちが期待している「子育て」という仕事をするお母さんたちをもう少しいたわってあげる制度も必要。

◆男性育休増え5.14%

 厚生労働省が30日発表した「2017年度雇用均等基本調査」(速報版)によると、男性の育児休業の取得率は前年度比1.98ポイント上昇の5.14%で、5年連続で上昇した。女性は1.4ポイント上昇の83.2%だった。

 男性の育休が増えた要因について、厚労省は「国の企業への助成金制度や啓発活動などで、企業の意識が少しずつ高まってきたのではないか」と分析している。調査は全国の6160事業所を対象に実施し、有効回答数は62.8%に当たる3869事業所だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報