東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日米韓「圧力」明記せず 防衛相声明 対北で韓国に配慮

 【シンガポール=共同】小野寺五典防衛相は三日、訪問先のシンガポールで米国のマティス国防長官、韓国の宋永武(ソンヨンム)国防相と会談した。その後、北朝鮮の完全で検証可能かつ不可逆的な方法での非核化に向けた外交努力を引き続き支援するとした共同声明を発表した。声明に「圧力」という表現は盛り込まれなかった。 

 圧力維持の方針は変わらないものの、十二日開催が決まった米朝首脳会談に向けてトランプ大統領が「最大限の圧力」との言葉を今後使うことを望まない考えを示した。対話を重視する韓国の立場にも配慮した形だ。昨年十月の三カ国防衛相会談後の声明には「最大限の圧力」の文言があった。

 小野寺氏は会談後、記者団に「問題解決まで圧力を継続することで一致している」と強調した。防衛省幹部は「圧力維持の状況に変化があったわけではない」と話した。

 共同声明は、対北朝鮮圧力維持に関し「国連安全保障理事会決議の履行を継続することで一致」との文言で触れた。洋上で物資を積み替える「瀬取り」は「抑止し、中断させるなど継続した国際的な協力を歓迎」と記した。軍事演習について「共同訓練やその他の交流を含む、既存の安保協力を継続」とした。

 さらに、北朝鮮が国際的な義務を果たした場合、北朝鮮の人々の安全と繁栄を劇的に改善するだろうと三閣僚が言及したと明記した。

 会談で三者は、非核化へ具体的な行動を引き出すべく、国際社会と連携すると確認した。会談冒頭、小野寺氏が「三カ国の会談は非常に重要だ」と語った。マティス氏は「非核化に向けて検証可能で不可逆的な行動を取るまで(北朝鮮が)見返りを得ることはない」と強調。宋氏は「北朝鮮が進み始めた道から外れることなく完全な非核化が達成されるよう共に努力したい」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報