東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

辺野古問題 新基地反対、都内で集会 山城議長が講演

沖縄・辺野古の米軍基地建設反対を訴える山城博治議長=9日午後、東京都文京区で

写真

 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設をめぐり、八月に始まるとされる辺野古沖への土砂投入に反対する市民集会が九日、東京都文京区であった。

 基地建設に反対する沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長が講演し、「今が勝負どき。ともに闘いましょう」と首都圏での運動を呼びかけた。

 二十三の市民団体や個人でつくる「辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会」が主催。五月の結成から初の集会で約三百人が参加した。

 山城議長は現地の反対運動の様子や、全国で起きている埋め立て用土砂の搬出反対の動きを紹介。埋め立て予定地は貴重なサンゴも生息しており、「沖縄は今、未来をかけた時期を迎えている」と訴えた。十一月の沖縄県知事選でも建設反対派の候補が勝つ必要があると呼びかけた。

 このほか、基地建設などに反対する四団体の活動報告があった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報