東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

国会、来月22日まで延長 「カジノ」など成立目指す

 安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表は二十日午前、国会内で会談し、同日までの国会の会期を七月二十二日まで三十二日間延長する方針を確認した。安倍政権が重視する「働き方」関連法案やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案、参院の定数六増を伴う公職選挙法改正案などの成立を目指す。

 首相は党首会談で「『働き方改革国会』とうたってきたので、法案成立を図りたい」と強調。山口氏は会談後、国会内で「(閣僚の不信任)決議案が乱発されたことも審議の遅れにつながった」と記者団に語り、野党の対応を批判した。

 主要野党の幹事長らは国会内で会談し、会期延長に反対することで一致。立憲民主党の福山哲郎幹事長は「強行採決が相次ぐ与党の国会運営は看過できない」と非難した。

 第二次安倍政権における通常国会の会期延長は、安全保障関連法を成立させた二〇一五年以来、二度目。首相官邸側は、森友、加計学園問題などを巡る野党の追及を避けるため、七月上旬までの小幅延長を検討したが、法案の審議日程に余裕を持たせて成立を確実にしたい参院自民党や公明党の意向に配慮した。

 与党は二十日午前、衆参両院議長に会期延長を申し入れた。同日午後の衆院本会議で議決され、正式に決定する。 (中根政人、我那覇圭)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報